カテゴリー別アーカイブ: B 交通事故

接骨院訪問

 今日は,交通事故被害者の治療に力を入れている接骨院さんに行ってきました。
 交通事故被害に遭い,むちうちなどのケガをされた場合は,病院に行くことも大事ですが,早く,抜本的に治すためには,やはり,接骨院で手技等によって患部の筋肉をほぐすなどして自然治癒力を高めることなどが効果的だと思われます。
 接骨院を探される際は,こちらのサイトをご利用いただくと便利です。
 ⇒ 交通事故サポートドットプロ

大手整骨院経営者の方との情報交換

 今日は,整骨院を50店舗ほど経営されている経営者の方と情報交換をさせていただきました。
 経営のことや従業員教育のことなど様々なことを教えていただき,とても勉強になりました。
 やはり成功されている方は,何事も徹底されているなと思いました。
 私たちも,やるべきことを,より徹底していこうと改めて思いました。

後遺障害研修@静岡県弁護士会浜松支部会館

 今日は,静岡県弁護士会浜松支部会館にて,弁護士の方向けの後遺障害の研修の講師をしてきました。
 後遺障害については,病院の選び方,医師との接し方,受けるべき検査,治療の受け方など気を付けなければならないことが非常に多く,対応を誤ると,受け取れる金額が一桁違ってしまうようなことも少なくないので,交通事故に携わる弁護士としては,しっかりと情報収集やノウハウの蓄積をしていかなければなりません。
 私たちも,しっかりと研鑽を積み,このような研修の講師も引き受けるなどして,より適切な等級の獲得ができるよう日々研鑽していきたいと思っています。
 後遺障害についての詳細はこちらをご覧ください。

後遺障害研修

今日は,船井総合研究所主催の弁護士の方向けの後遺障害の研修の講師をしてきました。
後遺障害については,病院の選び方,医師との接し方,受けるべき検査,治療の受け方など気を付けなければならないことが非常に多く,対応を誤ると,受け取れる金額が10分の1以下になってしまうようなことも少なくないので,交通事故に携わる弁護士としては,しっかりと情報収集やノウハウの蓄積をしていかなければなりません。
私たちも,しっかりと研鑽を積み,このような研修の講師も引き受けるなどして,より多くの方々が適切な賠償金を受け取れることができるよう努力していきたいと思っています。
後遺障害の詳細につきましては,こちらをご覧ください。

公益財団法人 日弁連交通事故相談センター

今日は,三重弁護士会で行われた「公益財団法人 日弁連交通事故相談センター」の法律相談に行ってきました。
交通事故の解決には正確な後遺障害の認定基準や医学に関する知識など特に専門性の高い知識が必要になることが多いので,交通事故で弁護士を依頼する際は,慎重に弁護士を依頼することが大切だと思います。
弁護士法人心のホームページはこちら(交通事故被害相談by弁護士法人心)です。

保険代理店の方との懇親会

普段からお世話になっている保険代理店の方との懇親会に行ってきました。
保険を売ればよし,という代理店も多い中,この保険代理店の方々は,保険を売った後も,しっかりとアフターフォローをされています。
特に,交通事故に遭われた方には,必要に応じて弁護士を紹介するなど,いつもきっちりとした対応をされていて,素晴らしいと思いました。

交通事故業務改革セミナー

今日は,大阪で行われた某コンサルタント会社主催の交通事故業務改革セミナーに参加してきました。

交通事故に力を入れられている九州の若手の弁護士の先生の講演もあり,とても勉強になりました。

接骨院の先生方との懇親会@名古屋駅

今日は名古屋駅近くで,普段からお世話になっており,接骨院や介護施設を何店舗も経営されている社長やその社員さんたちと懇親会をしました。

経営のことも色々と教えていただくことができましたし,接骨院の先生方とは交通事故の被害者の方のサポートという点で一緒に仕事をさせていただくことが多いので,とても勉強になりました。

整形外科への訪問

今日は,普段から,交通事故の件で,大変お世話になっている三重県の整形外科の先生のところに新人の弁護士を連れてご挨拶に行ってきました。

整形外科の先生方の中には,治療と関係ないからといって,なかなか協力してくれない先生もいる中,この先生は,いつも積極的に強力していただけるので,とてもありがたいです。

今回も,色々と教えていただき,とても勉強になりました。

交通事故の賠償金は弁護士に頼むと必ず上がる?

ここ最近,医療関係者の方や保険代理店の方など,交通事故に関わる方とよくお話をする機会があるのですが,その中で,よく,「交通事故の賠償金は先生にお願いすると必ず上がるのですか?」とよく聞かれます。

結論から言うと,程度の差はあれ,ほとんどの場合,上がります。

保険会社はどこも大きな会社で,就職ランキングなどでも,いつも上位になっていることから,そんな低額での示談案を示してくるはずがないと思っていらっしゃる方が多いのですが,実は,保険会社は相当低額での示談案を示してくることが多いので,気をつける必要があります。

保険会社が,なぜ,そのような低額での示談案を示してくるかなどは,こちらをご参照ください。

たとえば,43万円 ⇒ 1000万円,430万円 ⇒ 1400万円,8400万円 ⇒ 2億1000万円 というように大幅に増額になることもありますので,必ず,判子を押す前には一度ご相談ください。 ⇒弁護士法人心での解決実績はこちらをご覧ください。