交通事故被害者救済

 交通事故においては,弁護士がしっかりとした知識・ノウハウに基づいて適切な対応ができないと,被害者の方が十分な損害賠償を受けることができません。
 交通事故で特に問題になるものの1つとして「後遺障害」があります。
 交通事故によるケガが完治せずに後遺症となってしまった場合,後遺障害の申請をすると,1級~14級の等級あるいは非該当の認定がされ,その結果によって,受け取れる損害賠償金額が大きく異なってきます。
 この後遺障害認定の詳細な基準は明らかにされていないため,ポイントを押さえた適切な後遺障害申請をできる弁護士は多くはありません。
 そのため,後遺症があり,本来であれば後遺障害が認定されるべきであるのに,適切な申請ができず,後遺障害非該当とされてしまうことも珍しくありません。
 適切な後遺障害が認定されるかどうかは,今後の生活に大きくかかわってくるところですので,とても重要です。
 弁護士法人心では,後遺障害認定機関である損害保険料率算出機構やその下部組織の自賠責調査事務所で後遺障害認定業務に携わっていたスタッフを複数入れて「後遺障害チーム」を作り, 万全の準備をした上で後遺障害申請ができる体制を築いています。
 交通事故による後遺障害でお悩みの際は,お気軽にご相談ください。
弁護士法人心の後遺障害サイトはこちら