平成30年の司法試験の結果

 近年は,毎年9月に司法試験の最終的な結果が出ることになっており,今年も結果が発表されました。
 司法試験受験生の方にとっては,当然,合格しているかどうかが一番の関心事ですが,弁護士の業界で注目されるのは,司法試験の合格者数です。
 この合格者数をどのくらいにするのかは,各方面からの意見が衝突するところで,時代によって合格者数は大きく変動します。
 昔は,合格者が500人程度の頃もありましたが,司法制度改革で合格者数の増加が言われるようになり,多い時には2000人程度まで増えました。
 ここ数年は,少しずつ減少傾向にあり,今年の合格者数は,1525人でした。
 昨年の合格者数は,1543人でしたので,大きな変動はありません。
 気になるのは,出願者数が減っていることです。
 出願者数は,昨年は6716人であったのに対し,今年は5811人でした。
 合格者数がほぼ変わらないまま,出願者数が1割以上も減少してしまうと,将来の弁護士の質が下がってしまう恐れがあります。
 弁護士に対しては,色々な報道がされていますが,困っている方,悩んでいる方のお力になれる良い仕事です。
 弁護士になりたいという方がもっと増えるように,私も弁護士の魅力を学生さん等にもっと伝えていきたいと思います。