うるう年 その2

うるう年は4年に一度のことですが,毎回,太陽の動きから緻密に計算をし暦を考え出した古代ローマの人々の知恵やレベルの高さに感心してしまいます。

さらに,今年は「うるう秒」もあるそうです。
聞き慣れない言葉ですが,うるう年と同様,標準時刻の調整のため1秒多くなるそうです。
国際機関の決定に基づいて,世界で一斉に実施されますが,日本では,7月1日午前8時59分59秒と午前9時の間に,「午前8時59分60秒」が挿入されます。

私たちの生活にはほとんど影響はないでしょうが,数年に1秒の単位まで調整しているとは驚きです。